ゼミナール

仕事が暇で気まずい3つの理由。思い込みが負の連鎖を生んでいる。

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

hima

どうも最近仕事が少なく気まずい、暇で職場の目線がきついと感じ
忙しい人が多少羨ましいと感じることってありますよね。

この気まずい状態を解決したいけど、どうしたらいいかわからない。


そんな状況はよくあります。
ただし視点を変えると仕事が溢れていることにも気づくことができます。


私が過去経験した目線を通して感じたことと、
今の私ならどうするかをお伝えしたいと思います。

仕事が暇で気まずい時に起こっている3つのこと


他の人が働いているのに、自分だけが働いていないような状況。

これまでの経験を考えていくとこの3つに絞られます。

部隊が持っている仕事が少ない


そもそもビジネスが回っていない状況に陥っている時です。


当たり前の話ですが、仕事はお客さんがいて初めて仕事になります。

お客さんがいるビジネスを探したり、新しいビジネスを作り出すことで仕事ができます。

基本は前者です。

今のビジネスで、お客さんを見つけることができていない時は仕事がないということでしょう。

仕事を持っている人が仕事を分担できない


ただそんな中でも忙しい人はいます。自分の持ち仕事に対してこなせない量を持ってしまっている人。


その人しかできない仕事だったりする場合もありますが、

自分しかできないという思い込み
周囲のスキルアンマッチ

という状況により、仕事の分担ができないことも多くあります。

部隊も自分もやるべきことを認識していない


仕事は事業の計画に基づき設計されます。
計画に基づき部隊の予算が付与されミッションが遂行されます。


そのミッションを遂行する、部隊のメンバーの理解度により

攻めの戦略では
多少赤を出しても顧客を探す戦略をとるのか、新しいビジネスを創出するのか、

守りの戦略では
コストダウン戦略をとるのか、仕事の流れを整理するのか、

などなど、状況によってテーマを持ってミッションをこなす必要があります。


その認識がないと、役割がわからないため自分の持ち仕事と認識してしまい
暇と感じてしまうものです。


さてあなたのケースに当てはまるものはあったでしょうか。

暇な時ほどやるべきことがあるはず


ここからは持論の展開となりますが、ご容赦下さい。


会社としては、存続もしくは発展のために、
ビジネスを立ち上げ、現在の事業継続してくことが必要不可欠ですよね。

なかなか新規ビジネスの創出は、
予算の捻出、マーケティング、会社の戦略との整合性のチェック
役員の説得等々なかなか難しいものです。

ですので、事業の継続を行う方向で仕事をされている方も多いと思います。


事業継続のためにはお決まりのPDCA(PLAN-DO-CHECK-ACTION)を考えることが不可欠です。方向性としては、

現状のPDCA(PLAN-DO-CHECK-ACTION)の最適化と
今後のビジネスの創出となります。


ではそんな状況の中では

部隊として事業のビジョン、ミッションが有り
テーマが明確ならば

誰にでも与えられた役割があり、
役割に応じて改善してくべきことはあるはずなのです。

役割がルーチンだったり、改善していく仕事が盛りだくさんのはずですから。


なのに、
暇だから仕事が気まずいとしたら、
部隊に見えるビジョンが無いか、それを自分自身が認識していないから
必要な仕事が見えていないということになります。


決まったものを片付けたら仕事が無い!
というのはこれから進化していこうというビジネスであれば、
ありえないはずです。

自分の役割をはっきりと認識しよう!


自分の経験を通し普段の仕事を踏まえて考えるとこれまでの話は
理想論です。


私の普段の仕事をイメージすると、

基本は、
管理職からリーダクラスに仕事が伝えられ、
それを各メンバーに仕事が割り振られてはじめて仕事になります。

トップの認識の範囲が仕事になるのでトップから下へ割り振られる仕事が仕事で、
だから仕事が割当たらないと仕事が無いということがよく起こります。


ここでポイントは当たり前ですが、

自分の上の人間だから自分よりも仕事が出来て仕事を知っているということはありません。

人の見ることのできる範囲は限定的で、
忙しくて仕事をふれる状況でないこともよく起こります。


だから自分で考えるのです。

この部隊のビジョンをこれで、事業を継続するために必要なことは何か?

を。


そうすると自分の思い込みよりも広い視野で周囲の物事が見えてきて、
自分自身のスキルや特性によるメガネを通してやるべきことが見えて来るのです。

自分の、部隊の優先順位を踏まえて行動しよう!


見えてくると過去こうしておくべきだったことが次々と出て来ます。
だからといって全部やっては時間も人も予算も足りないことでしょう。


だから自分の役割や周囲の人との関係から、
何をやるべきか考え周囲と相談しながら優先順位を決めていくのです。


これまであなたが経験してきた仕事は
数十年前から続いてきた方法論で、これからの社会にはマッチしないでしょう。


理想論では動けないこともありますが、
理想論をベースに現実を判断し、現実の課題をできる・できないを判断し
優先順位を決め部隊の総力を結集分散することで

解決につながっていきます。


だからあなたが役割があるからこそ、暇なんてことは無いはず。


暇だったら少し視点を変えて頭を使う機会と捉えましょう。

もう少し冷静な俯瞰した目線で見ていくと、
普段と違う新しい発見ができるチャンスです。


ここでチェックして見てください。


仕事は与えられるものなのか、作り出すものなのか、

現状に満足するのか、少しでも自分の手で進めていくものなのか。


この視点があなたの仕事のスタイルを進化させることになるでしょう。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. %ef%bc%91
  2. wakaranai
  3. 4af6023ff2cf415feeab37f12c15bfa6_s
  4. chumoku
  5. sippai_kate
  6. kouhai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP