ゼミナール

英会話のヒアリング力をレベルアップさせる簡単なコツとは?

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

eikaiwa

たまに道行く外国人の方に話しかけられた時に
自分の残念さにガッガリして
もう少し上手く話せたらっっって思うことがあります。


ずっと野放ししていた英会話のヒアリング、
そういう残念さを解決したい!と思っていると、
神様が解決策って与えてくれるようです。


周りを見渡すと
英会話、話せない人もいれば当然話せる人もします。

会社がおす学会で発表してきた先輩がおりまして、その人はTOEICで800取る方です。

その先輩曰く
800とるのはそれほど難しくない
と言っていたのでビックリしました。

その先輩も昔は…で
こういう方法をやっていたら
半年位でなんとかなるとの話しでした。


今回紹介するのは英会話のヒアリングのレベルを上げるコツです。

多分小学生にも伝わる簡単な方法です。

真似していくとコツがわかってくるので
英会話のヒアリングのレベルをガンガン上げていきましょう。

なぜ普通の人は英会話でヒアリングができないのか?


英会話でヒアリングができないほとんどの人がそうだと思うのですが

会話する機会が無い。

ということが一番の理由と実感されてますよね。


私も、学生時代ずーと英語を学んできたおかげで
難しい英文でなければ読めるのですが
読む と 聞く となるとかなりの違いを感じます。


たまに道行く英語スピーカーの方から道を聞かれても
単語が聞き取れず

「ぱ、Parden?」
(もう一度話してもらっていいですか?)

と繰り返し、相手を困惑させてしまうこともよくあります。


やっぱり普段から英会話でコミュニケーションをとっていないと
単語が聞き取れず単語の意味がわからないことをネックと痛感してしまいます。


ヒアリング中の失敗例にありがちなのが

・単語ばかりに耳が向くので全体の意味が把握できない。

・本当に相手が伝えたい意味が理解できない。

・現在形・過去形・現在進行形・・・などのどの文法を使っているかがわからない。

といった悪循環。


これら全てに言えることですが、
過去の失敗例を挙げてみると
英語でのコミュニケーション機会が少ないために
英会話ができるどころかヒアリングの時点でつまづいている
という実感でした。


やっぱり
英会話でコミュニケーションを取るには
話しを英語で考え
英語で聞き
英語で話す
という習慣が必要だと感じます。

その中で相手の意図を理解するという意味で
ヒアリングが一番重要だと思うのです。


だからヒアリングを重点的に練習したいところですが
友達に英語を話す人でもいない場合は

どうやって練習しろというの?

というのが話せない万人の言い訳だったりします。


そんなあなたにいい練習方法があります。
(やってそうで続かない、簡単な方法です。)

英会話でヒアリングを強化するコツ、吹き替え無しで映画orドラマを見ろ!


やっぱり聞く機会を人工的に作るなら映画orドラマを見ることです。
※字幕は英語字幕のみ。

まずは音になれるところから入り、何となく会話を聞き状況からこういう会話をしている?と推測していくことから始めます。

いきなり意味を理解するのではなくこんな感じでいいのです。

そこからこういう音?単語?単語がこういうつながり?と少しずつ聞いていくところから始めます。

慣れてくると何となくわかる部分が出てくるので、気長に落ち着いて音を耳にいれていきましょう。


やっぱりアクション映画はアクションシーンが多く会話が少ないからです。
コメディの方が会話のやりとりが多いからです。

難しい英文を理解したいのではなくて、まず聞いて話すというレベルを乗り越えたいわけですよね。

だから会話を学ぶのですから会話が多い映画やドラマがいいのです。
好きなコメディがあれば、その動画を集中的に見るようにしましょう。

昔ならフルハウス、今ならフラーハウスなんておすすめですよ。


先輩は以前会社の出張でアメリカに滞在した時は話せないから
家でフルハウスを延々と見ていてだんだん会話がわかるようになってきた。

と言ってましたねー。

英会話でヒアリングを強化するコツ、聞こえた単語や文を話してみる


そもそも単語すら聞き取れないんだよ!

という方に是非やってもらいたいのが、

聞こえた会話を話してみる ことです。


人の頭脳ってかなり偉大なもので、
映像や音声や雰囲気からなんとなく意味が取れるのです。

それを使うのです。


字幕だけ出しておいてキャストが話している時に真似すること。
(なれたら字幕を消してください。)


人って頭でわかっていても
話すと全然思った通り話すことって
難しかったりします。

それでも、
口に出して真似していくことで慣れてきます。


口に出していくと、順番として、

単語を真似する

接続詞を真似する

文法を真似する

会話を真似する

こんな順で何となくこの単語の意味って何だろう?
となってくるし

単語がわかってくると途中の接続詞が聞こえてきて
文章の流れが理解できるようになってくるのです。

文章の意味が取れてくると文法も理解できるようになってくきます。


そういう時の練習にhulu、netfixなどの動画サイトは使いやすいです。
なんせ月額課金だから何度見ても金額が固定なので。


字幕を出したり消したりできる機能もついているので
是非使ってみてください。

出来ないという壁を越えること


人間出来ないと思えば出来ないし
出来ると思えばできない生き物です。


学習についても習慣が身につく前に止めている人もいます。
英会話が一番ありがちな例ですよね。


人間が習慣化されていないものが習慣化されるまでに
21日かかると言われています。


毎日ちょっとずつできるかもしれない

と思いながら続けていくと
少しずつレベルアップしていくものです。


まずは自分のできる範囲で続けてみて
効果を見るようにしてみてはいかがでしょうか?


続けていく中で自分の可能性に気付くかもしれませんよ。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. tlakpower
  2. 92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s
  3. 4bd37822751f2553e09186c1a7cecb78_s
  4. speech
  5. 新年の挨拶でスピーチをまかされても眠たい話をせずにすむには?

    2017/01/2011:22

    任されたけれど、何を話せばいいのか?なんて新年の挨拶のスピーチってそれほど困るものでしょうか?おそらくあなたは上手くこなしたいと心の中で考えているのかもしれません。人間いい事を言おうとすると、自分...

  6. freee151108088544_tp_v

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP