ゼミナール

旦那が独立、妻の反応は?僕が直面した現実的課題

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

6bd6e23d4e821ed8eeeb0134e7f29d16_s

先日、ついに満を辞して独立を会社に言い渡してきました。

仕事辞めたい、言えない。昨日僕が強い意志で退職した話

一見すると、行き当たりバッタリの様に、
独断で会社に退職すると言い渡してきました。
でも、そこにはたくさんの深い理由がありました。

今回の記事では、半ば強引に僕が独立に踏み切った理由と、
超現実的で、厳しく、そして厳しい(笑)妻の反応と対応をお話ししようと思います。

スポンサードリンク

なぜ強引に独立に踏み切ったか


僕はどちらかといえば、愛妻家だと思います。
本人はどう思っているかは別として、妻が大好きで、
やれる事は何でもしてあげたいと思って、
料理、家事、育児をしていました。


厳しい妻ですから、どんなにやっても褒められる事はありませんでしたが・・・。

何においても主導権は妻にありました。
僕が意を決して提案をしても、理屈で言い負かされて、
やりたい事が出来なかったです。
そんな言いなりの僕でも悔しい事がありました。


会社の先行きの不透明さから、副業を始めました。
最初の1年くらいで、独立を見込める程稼ぐ事が出来ましたが、
今のやり方に疑問を感じ、より本質的な力を身につけようと、
より大きな影響力のある人に教えを請いに行きました。


当然ですが一長一短にはその技を体得する事が出来ません。
そうやって2年が過ぎた頃、妻に、
「習い事みたい」と言われてしまったのです。


そこでカチンと来たものの、やはり実績もないので、
結果として理屈で言いくるめられてしまいました。


その後、しばらく僕は仕事が手に付かなくなってしまいました。
現実を直視させられ、稼がなくてはならない、
となった瞬間に力が抜けていくんです。


結局、熱く語っても理屈で責められ、
元の鞘に戻されることを何回も経験しました。


でも、僕の中では「絶対に今のままではイヤだ!」という強い思いを持っていました。


そこから冒頭にリンクを貼った記事の通り、
占いと会社の人事異動、その他の観点から、流れが来ていると確信しました。


もう、妻に話しても理屈で負けてしまうので、相談することを辞めました。
僕にはそんな時間的猶予が無かったのです。

勝手に会社を辞めて来た妻の反応


占い鑑定にて妻の性格が潜在的には変化を好むこと、
とは言え、超現実主義で愛に溢れる人だったので、
難しかったですが、とにかく信じて飛び込んでみました。


「会社辞めてきたから」

と、言った時は動揺しつつも、僕の熱意に根負けした感じでした。

しかし、数日後に具体的な話をした際、
僕の未熟な考えもあり、
本当ははち切れそうなほど怒っている、という事を聞きました。


でも、そこで怒ったとしても、
僕は益々働けなくなるし、うつ病にでもなったら大変だ、と
様子を見てくれたそうです。


怒り心頭しつつも、
旦那の夢を見る姿と、家族の幸せへの願いから、
協力してくれることになりました。


まだ、夫婦と息子のチャレンジは始まったばかりですが、
早速僕は現実を突きつけられ、泣きそうになりもがき続けています。

非常に厳しい妻ですが、彼女に任せればきっと大丈夫だと考えています。
とにかく彼女を大事にしたい。そんな思いです。

独立の心構え


僕は独立することの本当の意味をまだ分かっていません。
だから大した事は言えないかも知れませんが、
多くの経営者にアドバイスを頂いた事があります。


それは、「熱くあれ」という事です。


人の心を動かすのは熱いハート、気持ちです。
どんなに理屈でメリットを並べられても、
人の心は動かせないし、現実を見て、理屈で考えると世の中の厳しさに直面し、
その先の一歩が踏み出せなくなります。


現実面にもちゃんと向き合いつつも、
自分の熱い心は決して忘れない。
心の熱い人の所に人は集まってきます。


頭がカッと熱くなるのではなく、
腹の底でマグマの様に湧き出る熱さを持っておく事、そして、
その熱を冷まさない事が必要で、これを常に意識していきたいと思います。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 38958eb7797893c335795422962d5284_s
  2. 2b70746e6de2063e2ea76e57533e342a_s
  3. 7f74bfe69db15c401fb9120e21a6015b_s
  4. ca58c53de522858694c1391741cbb244_s
  5. 2582c1dde3c0129bff1d5396f45b39d3_s
  6. 整理整頓コツ_部屋2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP