ゼミナール

仕事辞めたい、言えない。昨日僕が強い意志で退職した話

  • 最終更新日:

この記事は4分で読めます

2b70746e6de2063e2ea76e57533e342a_s

仕事辞めたい・・・。でも言えない。
本当に多くの人が悩んでいることです。
僕自身は、実は昨日上司に退職を申し入れていました。


そこにはかなり高いハードルがあり、
吐き戻しそうになりながらも、自分の人生を変えるのは、今しかない。

人生を掛けて行動した日だと思います。
恐らく、人生でナンバー3に入るくらい、
印象深い日でした。

スポンサードリンク

その日は年休から始まった


元々、今日は年休の日でした。
耳が痛くなるほどの冬の寒い朝、僕は駅のホームに立っていました。

鼻がツンっと痛かったくらいなので、ポケットに手を入れて、神妙な顔で佇んでいました。


その日は会社を休んである人に、羽賀ヒカルさんに、
占い鑑定を受けるつもりでした。

会社と逆方向に向かって電車は進めました。


羽賀さんにお会いして、占い鑑定が早速スタート。
悩みの内容は、大運天中殺の過ごし方をどうしたら良いか?
です。

陽転するには、サラリーマン、特に大企業ではかなり難しい。

大運天中殺の流れに乗りたいのなら、できるだけ早く退職した方が良い。との鑑定でした。
(ちなみに陽転の可能性は上がるものの、上がるという確証は無い)


実は前日、部署の異動の通達がありました。
4年間従事した今の職場の前の職場への出戻りが通達されました。

僕の元指導員のT課長からのオファーだと思います。
有難いと思っていた反面、何か違うと感じていました。


実は異動通達がされる以前から、仕事に違和感を持っていて、
卒業なんだな、となんとなく感じていました。

そんな矢先の部署異動、さらに羽賀さんの鑑定。
(羽賀さんの鑑定は予約殺到で簡単には受けられない)

これは、そういう流れなんだろうと羽賀さんと認識しました。


沢山の元気に涙した


僕にとっての壁は、会社の上司に伝えること、
そして超現実主義の妻にどう伝えるのか。

まさに、
『会社を辞めたいけど言えない状態』
です。

考えるだけで吐き戻しそうになります。
こんな時は、多くの人に相談して、
後押しの力をもらうの事だ、と
沢山の人に相談しました。


ある人は、
「これからが楽しみですね」と。
そーなんですか?不安でしか無いんですけど(汗)


ある人は、
「この後どうするんですか?」

今日は年休だし、明日は土曜だから、妻に相談して月曜・・・。
ではないですよね。今日ですよね。


そして、僕は行きつけのお茶屋さんに行くことにしました。
そこは、初めて新田さんにコンサルして貰った時に連れて行ってもらったお茶屋さんです。


1年前の、人生の変わった日の
あの抹茶の味を思い出したい・・・。


お店について、頼んだお茶の名前を間違ってしまったけれど(笑)
あの時を思い出しながらじっくりと飲ませて頂きました。


その時、これまでの想いが、なんでしょうか、
言葉で説明もできないし、何も頭に思い浮かばない。

でも、
涙が止まりませんでした。

僕の不安、これまで歩んできた道、沢山の仲間の愛が
混ざっていた味のような気がします。


その後「鉄羅漢」というお茶を頂きました。
揺るぎない信念を貫く手助けをしてくれるお茶。
今日、この後何があろうとも、鉄の意志でやり遂げる。
そう誓いました。

ブレない心


その後、
会社に無理やり押しかけました。なんども吐きそうになりましたが、
今日、沢山の人に相談に乗って貰ったし、僕のこれからの行動も宣言してきた。
彼らの気持ちに感謝で答えたい。

そして、人生を変えるんだ、という強い思いで進みました。

課長が居なければ部長に。
それも居なければ、本部長に、という気持ちで臨みました。


幸いにして、K課長がその場に居てくれたので、お話を進めました。
事前に留守番電話、メールでアナウンスしたのが良かったのかも知れません。

「独立します。だから会社を辞める事にしました」
「今が僕にとって人生を変える時です」

K課長は僕の事を思って、
「今まで身につけてきた技術が勿体無い」
「大企業のブランドを捨てて良いのか」
「家族は?」


そうやって僕の覚悟がどの程度なのかを見ていたのだと思います。

「これまで技術を通して学んだ事、こそが
僕の本質であり、今後の仕事にも大いに活用させて頂きます」

「この職場は大好きだし、感謝しています。でも、僕はこの場所では燃えられないんです。」

その後、過去とてもお世話になり、
1ヶ月後に再び上司となるT課長も参加。

「山口君が本気で話してくれたから、私も本気で返す。」

「ずっと前から山口君を中心に据えたチーム作りを画策していた。」

「会社の上司の立場、指導員(人生のという意味)としての立場、複雑だが・・・。」

ありがたい、ありがたいですが、
人生を進める為には、卒業、別れも必要です。

最後の壁と神頼み


最後の壁は妻です。
僕は10年以上前から独立を意識していました。
具体的に話が進んできたここ数ヶ月において、
妻とこんなやり取りがありました。


妻には独立したいと話をするも、
何をいつまで達成するの?と現実を突きつけられ、
その度に、それまでにやらなくてはならない事、
それが義務となってしまい、作業が進まなくなっていました。


妻と話すと現実を見せられ躊躇し、モチベーションが下がってしまう。
これは妻が悪いのではなくて、僕自身が熱を持っておらず、覚悟もなかったからです。


今の自分では、妻と話しても引き戻されて行動を起こせない・・・。
今までのやり方では、その壁を越えることが出来ませんでした。

だからこその、妻への無断決行です。
正直怖かったです。今までの僕のやり方と180度違うし、
こんなやり方は一番やってはいけない事だから、と思っていたのです。


もう、熱意を高めるだけ高めて、
妻と子供に対する祈りの気持ちだけです。
その気持ちを確固たるものにする為に、
よく行く近所の神社に行き、自分の気持ちを素直に言葉にしました。


僕は神社で独り言をいう事で、内なる自分に向き合う事が日課です。
そこで何時間か話した後、帰宅して妻に伝えました。

スポンサードリンク

勝手に会社を辞めた妻の反応


妻には、
「もう覚悟決めたから。会社を辞めてきた。」
「◯◯の事を一番大事に思っている」
「分かって貰えるとも思ってない。助けてほしい」

それだけを伝えました。もう理屈はなしです。
気持ちだけぶつけました。


妻は言葉少なく頷いた後、
これから先の具体的な話をしようとしました。
頭の回転が早い上、現実主義なので、もう先の未来を考えていてくれました。


僕は先々を考えるほどにモチベーションが下がるので、
話そこそこに切り上げましたが、
受け入れてくれたので、本当に救われました。


超現実主義でクールに見える妻。
言葉も少なく本人には表現しませんが、そこには深い愛がありました。

僕はそこに今まで気づく事が出来ませんでした。

今は横でうたた寝をしていますが、
本当に大事にしたい。そう思いました。

壁を乗り越えるのに必要な事


今回、僕は大きな壁にぶち当たり、もがき続けるも、
今までの自分では越える事が出来ませんでした。


これを越える為には、

・熱いハート
・不安でも飛び込む勇気
・後押ししてくれる仲間
・今までの自分に無い価値観で動く

が必要です。
今回、僕が壁を乗り越える事が出来たのは、仲間でした。

仲間がいたから、

・熱くなれた
・怖くても飛び込めた
・違う価値観を持つ事ができた

やはり、何をやるかが重要ではない。
誰といるかが重要なんだと再認識しました。

一歩を踏み出す勇気が必要な時は、
仲間に相談して、後押しして貰うと物事が進むかも知れませんね。


スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. fire_00127
  2. 3c37af3d77d928de9d5dc325f49fcf9a_s
  3. lgp01a201312111200
  4. ozp88_jojouryy_tp_v
  5. bc3abd8e9be0d7abf3f45b2b27b99e9c_s
  6. dfa4a49029ded44dffa784b990814d1a_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP