ゼミナール

感情より理屈を優先すると危ない理由。気づかないうちに自分を傷つけている?

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

ikari

私、システムエンジニアという仕事柄デスマーチ的な状況に合ってきました。
仕事で休めるどころか家に帰れないという状況です笑

そういう状況を繰り返す中で
より成長する人か自分で考えることを放棄する人たちが増えてきます。

ある時、自分で考えることを放棄する人たちしかいないプロジェクトで仕事をすることになりました。
その時、感情よりも理屈を優先する、冷静になり理性でコントロールすることを覚えました。

しかし、これが使えるのですが危険なのです。

理屈じゃない抑えきれない感情


私の感覚をお伝えすると、
理屈でコントロールしようとする時って冷静に目の前を見つめようとしていきます。

そうしていくと多少目の前に起こっている現実に対し
感情的な部分が抑えることができ冷静に解決策を探すことができるようになります。

これ以前参加したプロジェクトの状況が悪い時に「まず自分が冷静になろう!」と思いふと手に入れたスキルでした。


確かに冷静な人が一人いると、仕事は回りますし理屈で考えると楽です。

ただ、感情をある程度コントロールできたからと言って、感情がゼロになるわけではありません。


何度かそういう状況に会い成長し乗り越えたかと思いきや、
ふとしたタイミングで自分が壊れているのを何度か実感しました。


気づかないうちに自分が壊れていたことに気づく・・・

そんな経験したことありませんか?

脳は内側に感情を外側に理屈を持っている


元々人間はおそらく猿から進化しています。進化の過程で考える力を手に入れたというと伝わると思います。

脳も内側の本能や感情に根ざす部分に加え外側に理屈で考える部分を増設しています。

つまり、
構造上脳は感情を持ちそれを踏まえて理屈を学習することで使えるようになっています。


ということは脳をピラミッドで例えると

感情や本能を基礎に理屈が成立していると言えます。

感情をないがしろにするというのは、自分を否定する行為なのです。

理屈じゃない感情をまず大事にしよう


普段のあなたはどうですか?
色んな場面で感情を無くして生きていたりしませんか?


感情を理屈でコントロールすることは可能ではありますが、
感情をゼロだと扱うと後で私のように巡り巡って押さえ込んでいた感情が溢れ出すことになります。


感情を抑えていかないと周囲と上手くやってはいけないと思い込み、
気づいたら感情の爆発、それが繰り返す。

そんな不自然なことが必要なのでしょうか?

進化したはずの理屈で自分を縛り付けているだけですよね。

そうすると、

理屈 > 感情

となってバランスの悪い状態に陥っていくだけです。


なので、
理屈で感情を抑え込もうとするのではなく感情をみつめること。

そして、
理屈と感情の視点で、現実をみつめることです。

両者のバランスをとれた内面になると理屈か感情かの二元論で困ることが減ってきます。


とこのように説明してきましたが実はこれより簡単で
理屈と感情のバランスで悩まない大事なことがあります。

あなたのやりたいことは何ですか?


これが
理屈や感情の視点でバランスをとることより大事なことです。



例えば、
1つの理想的な目標を立てた時、それに目標を達成する問題や課題が出たとします。

その問題や課題は目標を達成するために必要や試練ですので達成できると成果になるから嬉しいはずですよね。
より目標に近づけるはずですから。

ただ、理屈と感情を満足させる目標というのもあります。
それがやりたいことを目標にすることです。

やりたいことを目標を持っていると普段の行動にも優先順位が決まりより自分に合ったことをやるので
理屈や感情のバランスをとらずに勝手にバランスが取れた状態で行動を取ることにつながります。

しかし目標がブレているとついつい課題をクリアできずに無かったことにし そして気づかないうちに目に見えない不満をおびただしく抱えてしまいます。

だからやりたいことを目標にすべきなのです。

日々生活していると
いろんな情報に左右されたり周囲の関係性から今の自分の役割が決められますが、
目標は自分で決めることができるのです。

目標にはそれだけエネルギーがあるとも言えます。


いい目標が立たないという人もいるかもしれません。

理屈も感情も情報過多ですから自分の内面がゴチャついているために見つからないのかもしれません。

そうであれば、断捨離し本当に必要なものを探しだす必要があります。


1ついい目標を決めるいい方法があります!

今自分の中に眠っている目標を判別する方法です。

まず理想の感情を持った理想の自分を多少時間をかけてイメージします。
その自分で目標を立ててみて下さい。


ただ目標も自分の断捨離ができていない時は自分にマッチしない目標も出てきます。

しかしそれも通過点です。また探せばいいのです。

それを繰り替えしていくと、自分によりマッチする目標が出てきます。

繰り替えし生きていくと、人生の目標が見えて来るかもしれません。


それは目標というより使命と呼ぶものかも。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. %e4%b8%8a%e5%8f%b8%e3%81%a8%e9%83%a8%e4%b8%8b
  2. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
  3. %ef%bc%81
  4. 1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s
  5. 82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s
  6. abd26c0d8b3974ccba3d6ad9c8f97160_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP