ゼミナール

仕事家庭のバランスは?ルフィにアドバイスして貰うなら?

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

bc3abd8e9be0d7abf3f45b2b27b99e9c_s

仕事と家庭のバランスはどのように取ったら良いでしょうか。
実は、僕自身が現在悩んでいる事でもあります。


僕の悩みにフォーカスした上で、
僕の師匠がどのように考えているのか、
そのステージの高い人より感覚を想像しながら書いて行きたいと思います。

スポンサードリンク

僕の悩み


どこまで赤裸々に書いて良いのか、悩む所ですが、
僕の悩みの一つは、なかなか独立に向けて、
一直線に進めない事があります。


現在サラリーマンと副業を兼業していて、
副業でもかなり売り上げは出ているので、
副業の時間を多くしてそこに力を注げば独立出来るはずです。


でも、家庭を持っている為に、簡単には一歩を踏み出せないのです。
これは、妻の意見がかなり大きく、独立の為には、
最低限今の生活が確保できる収入を得てから、との約束をされています。

そうなった場合に、現状を打破する為には、

・本業、副業、家庭の仕事を続けながら、騙し騙し副業での力を蓄える
・家庭の仕事は妻に任せて、副業の時間を増やす
・体調が多少悪くなろうとも、無理して作業時間を増やす

結局、仕事と家庭をどのようにバランスをとるか?が問題になってくると思います。


悩みがあるときに考える事


・・・。と今正に僕自身が悩んでいることを書きました。
正直、この後解決策が出てくるかは分かりませんが、
考えていきたいと思います。

こんな悩みを持った時は、まず、ステージの高い視点を持つ事が必要です。


それは、自分の尊敬する人だったらどのように自分にアドバイスするのだろうか、
尊敬する人がいなかったら、アニメのキャラでも良いし、
自分の頭の上に守護霊がいることを考えても良いです。


その人は、自分のことを絶対に裏切らないし、
自分の人生が良くなるのなら、目先の損得に囚われずに、
辛いことも修行として取り組みなさい、と伝えてくれます。


そんな人を思い浮かべて、その人がどんなことを言うか?を
想像します。自分自身の損得とか、そう言ったことを一旦置いておいて、考えてみます。

ルフィなら僕になんてアドバイスをするか



今回はONE PIECEのルフィが僕にアドバイスをしてくれたら?と考えました。

ルフィは、僕とかなり状況が似ているな、と感じます。
僕は闇雲にひとまず行動を起こして突っ走るタイプ。

で、周りのメンバーに迷惑を掛けるのですが、
その周りにいるのが、例えば航海士ナミ。
ナミは損得勘定で動く事が多く、
特にお金のことになると目がありません。

もちろん、損得以外で動く事もありますが、
何かの行動の裏には必ず、見返りを求める所がありそうです。

正にナミは僕の妻の様な存在です。

と・・・。言うことを踏まえた上で、
僕がONE PIECEでの行動を考えてみます。


まず、僕が手にしたい副業をする為に、
妻の意見をいちいち伺っているのは、違う気がします。
そして、その副業をする理由についても、
お金という報酬の為にすること自体が、
目標の次元が低いです。


その次元で話すのであれば、
ナミも妻と同じく、期限は?それは特なの?
私へのメリットは?と聞いてくると思います。


そもそも僕は家族の為に、と、働いているけれど、
既に家族はそれほどお金に困っていない。
いまいち僕の実現したい夢が曖昧な気がしました。


それを明確にできない以上、それは自己実現の範疇を超えておらず、
そんな自己実現の為だけに、妻の時間を貸してくれ、と言うのは、
当然それの対価を求めてくることになるんだと思います。


そう考えると今は、
妻に無理強いしてまで力を注ぐ時期ではないのかも知れません。
それは、ONE PIECEの頂上決戦後の各メンバーの修行の時期と同じ。


特にいつまでにここまで、というスケジュールは無いにしても、
2年と決めた期限に、苦難の道をあえて選び、
必死に生きていくしか無いのかと思います。


まずは、自分の最低限の生活を確保した上で、
毎日必死に生きる。
他のメンバーと交わり、協力し合うのは今の時期では無いかも知れない。


今はお互いの生活スタイルを大きく変更する事なく、
時に情報交換だけしながら力を付ける事。


そして、来たるべく、大きな夢、目標に対して、
僕がどうしてもやりたいから、力を貸してくれ!と
言えるときに、必死に頼むしかないのかな、と感じました。


僕が一番嫌いな期限を決めて崖っぷちで頑張るほどの、
大きな目標の流れが来ていないのだろうと。

そして、ルフィなら、こう言うんじゃないか、
自分と周りを比較するのは、仕方ない。
でも、自分の力と、仲間からの信頼を絶対に忘れてはいけない、と。

以前、敵のサンジへの言葉にルフィがものすごく怒ったエピソードがありました。

それは、
「サンジは王子だから、今頃みずぼらしい下級海賊の事なんて、
忘れて帰れって思っているぞ」
という趣旨の悪口。


そこで、ルフィは不安になるどころか、
怒りをあらわにしました。


サンジをバカにするな!!
今の場所が居心地が良いと思っていたとしても、
あいつが俺たちにそんな言い方をするか!!!

ハッとさせられた言葉でした。
自分の評価云々よりも、サンジへの人間としての信頼が、
絶対に揺るぎないこと。


何よりそれを大事にしたいな、と感じた話でした。


家族を信頼する


僕も仕事と家庭のバランスについては、
今後もきっと悩む事でしょう。
でも、絶対に揺るがしちゃいけないのは、家族の信頼です。


苦しい状況は必ず来ます。
そんな状況だと、嫌な言葉を言ってしまったり、
心がブレる事もあるでしょう。

本来の自分を見失う事もある。

そんな自分の行動、思考、相手の行動や思考は、
本当の本心からの行動ではないかも知れない。


表面的な言葉や思考に囚われず、
魂の声に耳を傾けて行きたいですね。

どの様にバランスを取るかも必要ではありますが、
何より家族の信頼を重要視したいですね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. ozp88_jojouryy_tp_v
  2. c5980222c4ba0ef630e31fc26c3629a4_s
  3. 6bd6e23d4e821ed8eeeb0134e7f29d16_s
  4. 38958eb7797893c335795422962d5284_s
  5. 01cc56732ff1c8598c0f3fda18f32610_s
  6. 873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP