ゼミナール

仕事でやる気がでない起きないあなたに。もしかしたら痛いかもしれない理由!

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

odoroki

周囲が軽々しくやる気が出ないという人がいるなぁと思います。
(セルフイメージを落としてしまうだけのに)

普通に何も考えずに仕事を1、2、3、5・・・10年と続けていくと
仕事って実はだんだんつまんなくなって面白みがなくなってやる気がでないという
話につながると聞いていて思いました。
(うつは別として)

なぜなら、

何で仕事でやる気がでないかも本人の中でもでも説明できないし、
最悪なのが単純に回りがそう言っているから実は仕事自体が面白くないと感じている
人って多いと思います。

仕事が面白くない、やる気がでない理由


仕事が面白くない、やる気がでない理由ってなんなのでしょうか?

一般的には目標が決まってないからです。

なぜ目標が決まっていないとやる気が出ないのかというと
何をやるか決まらないからです。


(?と思いますよね笑)


目標もなく普段の日常と同じことをくりかえしてしまう延長戦上で過ごしてしまう、

そういう毎日を続けていくと
刺激がなくて学ぶことがでない、新たな出会いもないというので
面白みが感じられないのでやる気がでないということになります。


目標を1つ作るとどうでしょうか?

達成するために努力する行動する成功する!

なんてことになります。


やっぱり人間は一歩歩んでいく、
一歩歩む過程を自分で実感することができて
その仕事に面白みを感じるのではないでしょうか?

目標があっても仕事にやる気が起きない理由


ただ、
目標を決めたとしてもやる気が出ないといって見なかったことにする人たちもいます。


それは
目標自体が自分の中から出したものではないからです。


そもそも仕事がつまらないという目線で目標を見つけて決めてやったとしても、
本人がやりたいことではなくてただただやらされていることにしかなりません。


脳科学で流行っている言葉だと、
「have to」、「want to」という言い方があります。

やりたいことが「want to」で
やらないといけないことが「have to」になります。


目標を「have to」決められたものであればだんだん嫌になってきますし
自分がこう思ったからやりたいということであれば「want to」
になります。


なので、

目標自体に「want to」がないからやる気がでないという話になるのです。


そもそも、
どこに価値を見出すのか?がというところが、
「want to」 を感じられるようになるために一番気になるところです。

現状を乗り越えて仕事にやる気ができるには?


あなたがやる気がでないと思うのであれば1つやってほしいことがあります

目標度の抽象度を上げることです。

例えば、

1、2、3年目。これは仕事を覚える時期です。

何もできないためにいろいろ考え行動し
苦労していろんなものを習得していく時期です。

その時期を過ごしていくと仕事ができるようになっていきます。

そこからの延長線上でスキルを伸ばしていくというのもいいと思います。

そうすると10年位で社員としての形が完成していくのではないのかなと感じます。


で、
作業で出来るようになっていくと
技術者だと別ですが学ぶものがなくなると
作業で盛り上げていくのが難しいでしょう。


そのタイミングで目標の抽象度を上げるのです。

自分を持っている能力を持って他に何ができるのか。


例えば、

目の前のお客さんに価値を提供するのか?

それとも

自分のやってきた道筋を凝縮して会社に貢献するのか?
社会に提供する形に持っていくのか?

というふうに抽象度を上げて考えてみるといかがでしょうか?

目標の範囲が大きくなりますよね。

これを抽象度を上げると言います。


こうすると、
目の前のお客さんと仕事をするのと観点が変わってきます。

当然、
観点が変わるとやる仕事の質も範囲も変わるし成長できたり 面白みが変わってくるはずです。

仕事にやる気は必要なくなる、最高に考え方


というところでもあるのですが、

一番言いたいのは、あなたが仕事に求めているものが
「刺激」か「幸福感」かということです。



結局、
仕事に何らかの面白みを探して仕事をしていくということは、

何かを見つけて刺激的なものがあれば面白みに変わる。

のですが、これは1つの面白みを探す1つの方法ではありますが、
一過性のものにでしかありません。


それよりも自分の役割・価値を認識し周囲に貢献するために使うと考えたらどうでしょう?

貢献するために使うことで自分が満たされると思いませんか?


そういう日常のありふれた行為に対して
「私は周囲の人に価値を提供することができた!」
という形で「幸福感」で満たされると

刺激的であろうがなかろうか貢献することで満たされるので
それで自身が「幸福感」に満たされるのです。

(やる気があろうがなかろうが関係ないですよね?)


ここで質問です。

あなたが、
刺激が見つからないからですか?
幸福感が感じられないですか?

さてどちらでしょうか?


最終的には「幸福感」を見つけてほしいのですが、
1つのロジックとして「刺激的なもの」を探してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. abd26c0d8b3974ccba3d6ad9c8f97160_s
  2. yume
  3. cry
  4. 01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s
  5. 0195a6a265a088289ba2231e0b4c1081_s
  6. ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP