ゼミナール

一流の人間性とは?間近で感じた共通点、あなたはいくつ?

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

7377d78715aff292e50cd298dd9edbd9_s

道を極めんとする人、何かに秀でた人を一流と呼びますよね。
僕はある一流の人とご縁が繋がりまして、
間近で観察する機会を得ることが出来ました。


そして一流の人の周りにはたくさんの一流がいます。
価値観が合うので自然と集まるのかも知れませんね。

そんな一流と関わるうちに見えて来た人間性について、
今回はお話ししようと思います。

今回の記事では僕が感じた

・一流がもつ人間性の共通点
・一流の思考の共通点
・一流を目指すために必要な事

をお伝えします。


スポンサードリンク

一流の人間性とは?


一流の人たちと接しているて感じるのは、
心が満たされていてとても幸せそうだ、という事です。


その上で現状に満足せず常に改善を求めています。
彼らに満足感はありません。
結果を求めると言うよりは、姿勢、プロセスを最重要視していて、
結果は天に任せているように感じます。


技術、スキル、知識よりも先に、貢献の意識が高く、
この人の為に、自分の思考、感情は一旦置いておいて、
何が出来るのだろうか、と考えているようです。


話を聞いてみるとどうやら、過剰な贅沢など自分の快楽よりも、
相手の役に立つ事が何よりも喜びになるそうです。
(もちろん全く贅沢しない訳では無いそうです)


相手への思いやりの意識が高いので、
親切ですし、自己顕示もしません。
常に相手が何を心の底で求めているのか?

その為に何ができるのか?を考えています。
立てる人を立てたり、細やかな配慮ができるのは、
そうやっていつも考え、失敗し、苦悩してきた経験が生きているのでしょう。


一流の思考


言い方を変えれば一流の人は、他人のことをまるで自分の事のように考えると言えます。


まるで自分の子供を自分の事のように、相手を自分の事のように考えます。
それは、相手を自分だと思うのではなく、
相手の喜びの先に自分の喜びが通じていると知っているのです。

これは、抽象度の高さの違いと言えるかも知れません。


家族という最小単位のコミュニティにて、自分のこととして考えられるように、
もっと大きな範囲を見るようになり、やがて日本全体が良くなる事を考える、
というのは、抽象度の高い証拠です。

(もちろん、日本の事を考えているという発言だけでは抽象度が高いと言い切れませんが)


そうやって、他人のことであっても一生懸命になったり、
お手伝いをするプロセスを経ることで、
相手にどのように伝えたら伝わるのか、どうやったら上手くいくのかを試行錯誤します。


そうやって結果的にどんどん影響力が増していきます。
相手の思考の変化に察知する能力に長けてくるので、
相手のその発言が、感情から表面的に言っているだけのことなのか、
それとも本心、心のそこからやりたい事なのかを判断するようになります。


つまり、表面的な健在ニーズに答えるのではなく、
潜在的なウォンツに答える事を考えます。


それは、例えるのなら、
携帯電話の料金を安くしたいという、健在ニーズに対して、
スマホなどの新しい楽しみを増やすような、豊かに暮らしたい、
という潜在的なウォンツに答えるようなものです。


世の中の人は、お金があれば豊かになると考えていますが、
実はお金があっても豊かにはなりません。
お金はあくまでも増幅器の役割です。


不安の多い状態でお金を得たとしても、
その不安を誤魔化すためにお金を使う事になります。


仲間がいなくて寂しい状態でお金を得ても、
お金を使って仲間と遊ぶ事を考えてしまいます。
そしてお金がなくなると仲間と遊べないので、さらにお金を必要とする・・・。


今回は極端な例ですが、
解決策はお金を得ることではなく、
生き方を学ぶ事ですね。


一流の人はそのようにして、
相手の言葉そのものの健在ニーズに答えるのではなく、
心の底にある潜在的なウォンツに答える事を考えます。

一流の思考を手にするには?


一流の思考を手にする最短の道は、
一流と多くの時間を共にして、その感覚をインストールする事です。


と、言っても中々難しい場合もありますので、
別の事を考えてみます。


例えば、組織の中のまとめ役の思考をインストールしてみます。

例えば、
会社組織であるのなら、平社員は、自分の仕事や役割を考えますが、
部長は組織がどうやったら効率的に動くことができるか?
部下がやる気になり、仕事の質が高まるのかを考えるし、
部下全員の人生を背負い込むつもりで仕事をしています。


自分が部長だったら?社長だったら?
もし、いるとするならば、神様だったとしたら・・・?


神様は全知全能である必要はありません。
むしろ、日本の神様は全知全能ではなく、何よりも人間くさいのです。
(古事記に面白おかしい神様の姿があります)


悩み、もがきながらも、相手の事を思いやり、世の中が良くなる事を祈る。
そうやって祈りの気持ちで、人と接する。
部長だったらどのようにするだろう、
社長だったら?神様だったら?
もしくは、漫画の主人公だったら?


僕はONE PIECEのルフィだったらどうするだろう?
と考えて彼の判断基準で行動したりもします。


そうやって高いステージの人の思考を真似する事で、
抽象度の高い視点、思考を身につけることができるのではないでしょうか。


僕自身もまだまだ一流を目指す身。
今後も抽象度の高い、一流を真似て行きたいと思います。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 0195a6a265a088289ba2231e0b4c1081_s
  2. d7bbda97fbb92e9eeb30a2c8f0ca73f3_s
  3. senzai
  4. 7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s
  5. 4dc85e8524e5fc3d72d98a51b9e01314_s
  6. 7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP