ゼミナール

アメブロ、ブログの書き方は?人気ブロガーになる最短ルート

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

4d7fc291087f84f2197cb2e17bbcd0e8_s

僕は数年前から収入の柱の一つがブログになっています。
それは広告収入なんですが、
やっぱりそこに行き着くまでまでは、色々と勉強が必要だったりしていました。


どうやったら反応が取れるのか?
どうしたら共感が得られるのか?
などなどを研究してきました。
そして、ブログに限らず、情報発信で稼ぐ方法を、
毎年100万以上も払って学んできました。


そこで、一つの結論が導き出さ出されました。
教わるのも大事なんだけど、試行錯誤する事が自分の血肉になる、と。


そしてその試行錯誤には、アメブロが最適だという結論に達しました。


本記事では、そんなアメブロを中心に考えた上での、

・ブログ記事の書き方
・共感される記事の書き方
・読まれるテクニック


などなどをお伝えしようと思います。
テクニック的な要素を学ぶ事も重要ですが、
そこまで具体的テクニックにすると、
その使い所が難しく、無理矢理な不自然な文章になるし、
読者の属性が変わったら使えない事もあるので、


今回はあくまで本質的な、学び方にフォーカスしてお伝えします。


スポンサードリンク

アメブロの記事の書き方


ブログの記事の書き方についての
グランドセオリーをお伝えすると、

1.日常の出来事説明
2.出来事からの気付き
3.自分の感情、思いを書く


という流れです。

1.日常の出来事説明


日常の出来事説明については、自分と相手を登場させること。
可能な限りたくさんの登場人物を出すと良いです。


どこかに出かけた、だけではなく、誰と一緒に行ったのか?
その人はどんな顔をしていたのか。


など、自分とその人の関係性を語る様にします。

もちろん、出かける必要もなくて、
相手の人生の節目の出来事に対する説明でも良いし、
その人に対する思いでも良いです。


自分以外の相手の事を考える気持ちが、何より共感を生みます。

その上で、その人とのやりとりをできる限り詳細に書く様にします。

どんな事をしたか、だけではなく、
その日の季節は?天気、雰囲気の肌感覚は?
周りに見えたもの、聞こえた事、匂い、触れた感覚。


五感プラス第六感も感じながら書く様にします。
一見無駄な情報に見えますが、そんな情報が、読み手の記憶の構築を助ける事になります。


表現が多いほどに、相手は想像力を膨らませ、臨場感を感じます。

2.出来事からの気付き


その出来事から、どんな発見、学びがあったのかを書きます。
どこかに出かけて、美味しいものを食べて、感動したとしたら、


味に感動したのか、見た目なのか、
サービスなのか、店員の気さくさなのか、
それとも友人とのコミュニケーションなのか、


得られた体験を自分の日常の生活にどう生かすか、まで考えられたら、
素晴らしいですね。


3.自分の感情、思いを書く


その出来事を通して自分が何を感じだのかを書きます。
嬉しかったか、悲しかったのか、
その人にどんな風になってもらいたいのか、
その人に向けてのメッセージをたくさんの書く様にします。


自分そっちのけで相手を思う姿は美しいですよね。
そうした思いを言葉にするのはとても大切です。


記事はできるだけ写真を多く使うのが良いですね。
人を載せられない場合はモザイクとか、
顔だけ写らないようにするとか。


モザイクよりは、目だけ写らないようにした方が、
自然な形になるかも知れません。

共感される記事の書き方を学ぶ


上記で基本的な記事の書き方を伝えましたが、
具体的にどうやったら良いのかは、人によって書き方も違うし、
得意な表現方法も違うと思います。


従ってどうやったら共感が得られるのかは、
自分で研究する事になります。

それで、アメブロは特にやり易くて、それがSNS機能があるという事です。


つまり、自分と相手でコミュニケーション、
コメントをする事前提でのブログの運営になりますから、

自分の記事に関して、どんな風に書けば反応が得られるのかがわかり易くなります。


そして、自分も相手の記事のどんな部分に共感できたかを書いて行きます。
自分がコメントを付けたいと思った部分はどんなところなのか?
それは何故なのか?を研究しつつ、


それを次回記事に活かして、また読者の反応を見ます。
自分がコメントした人は自分の記事にコメントしてくれる可能性が高まります。
(コメントは求めないこと!)


そうやって研究することで、
人気の出る書き方、ブログの作り方がわかってきます。

能力を身につけるのは一人でやらない


ブログ作成というと、一人でパソコンに向かってやるイメージがありますが、
そうではなくて、読者と自分でブログを育てていく事をイメージします。

一人ひとりと対話し、ブログの場を盛り上げていく。

そうやってみんなで作り上げる事で、
自然と人気が出てきますよね。


これは、ブログに限らずどんな事にでも言えますよね。

常に自分以外の人を巻き込んで、他の人の力を借りながら、
問題を改善したり、解決したり、成長して行けたら良いですね。


やっぱり自分らしくありたいですね☆

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 364949
  2. f8ea3c108c8118491e6a32cf1d3eba6d_s
  3. 53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s
  4. 8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_s
  5. fad3673a5448d337bdf618eff9a23975_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP