ゼミナール

頑張っても認められない。悔しい思いをしてるなら周囲からの注目を集めろ!

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

chumoku

頑張っても認められないって本当に悔しいですよね。

一生懸命やっても周りの反応も無く淡々と仕事をやり続けるとモチベーションが下がってしまう。

そんなことありませんか?

一度頑張っても認められない冷静に考えてみませんか?
冷静になると自分がわからなかった、認められない理由がわかるかもしれません。

今まで認められない理由がわからなかったのに、
わかったら対処のしようがで出来てくるはずですよね。

最近自分の体験から腑に落ちたので話してみたいと思います。

頑張っても認められない理由って?


周囲の職場のメンバーとの関係性によります。

・周囲の誰かとの比較によって頑張っていない
・頑張りが一方通行・・・
・頑張りが数字としてわかりにくい

この中に心当たりありますか?

周囲の誰かとの比較によって頑張っていない


よくあるのが、
本人は頑張ってるつもりでも誰かとの頑張りの絶対値で比較されているケースですよね。

すごい人と比較され自分の功績が霞んでしまったりすると
自分は評価に値しないのか?なんて落ち込んでしまう方もいると思います。


そもそも仕事のサイズで評価が決められると、
決裁権のある社長や大きなプロジェクトをマネジメントする管理職が仕事を頑張っているという話になります。


そうすると、評価する側はそういう点でしか評価できないということでしょう。

評価する側も過去そういうサイズを超えてきてその立場になっているはずですので、
その過去の体験に訴えるというのがよいかと思います。

頑張りが一方通行・・・だから認められない


あいさつを頑張る、机をキレイにするなど。
(ちょっとこれはズレすぎですね笑)

仕事を頑張って欲しいと上司から期待されているのに、求められていない仕事を頑張っているケースになります。

頑張っているのは頑張っているのだと思います。

それが今行っている仕事に対して、やっていることがズレている時は当然評価されないですし、
報告がないとやっていることが認識されないためやっぱり評価されません。

自分のやっている事は仕事として評価に値することでしょうか?

これがズレていると
「あいつ、一人で慌てとるバイ!」
なんて取られてしまいます。

頑張りが数字としてわかりにくい


部下の評価の基準としては数字です。
数字をマネジメントして初めて使える人間と判断します。

例えば、
あるプロジェクトでマネジメントをしている人がいて
マネージャーは普通の人でプロジェクト内でトラブルが勃発していてマネージャーが何もできない人だとして
開発者が奮闘して解決しましたとします。

問題を解決したということでプロジェクトという単位を捉えると、お金を管理するのはマネージャーです。

マネージャーがプロジェクトのトラブルを解決したことになり、開発者についてはマネージャーが上司に伝えない限りは評価されることはありません。

数字を明確に訴えないと評価されないというのがわかると思います。

つまり、頑張っても認められないのは?


ここまでの話ですが
「評価が周囲に見えていない、理解されていない」
ために頑張っても認められないのです。


人は自分の事を評価してほしいのです。
人は自分のことしか見ていません。


ですので、
自分のやっていることに興味を持たせ、自分がやっていることに価値を感じてもらうことが大事になってきます。

頑張り+周囲に価値を提供する


頑張るのはいい事で自分の成長にもつながるので、その武器が今後の仕事に使えるのか?をまずチェックしてみましょう。

文書をバンバン書く能力
お客さんを交渉する能力
プロジェクトのストーリーを描く
人を気づかう能力

などなど

仕事で必要な武器というのはいろいろあります。
しかし、武器を使って仕事をこなしても相手の目に触れなければ評価の対象にはならないですよね。


ここで提案です。

こういう流れ、で武器を捉えてみてはいかがでしょうか?



その武器の価値を伝えて実演し実績を作る

実績を見ていた人が、その価値を伝えてくれる

頑張りが評価の土台に乗ってくる



こういうふうに自分がどういう人間でできる事を周囲に伝えていれば
仕事のできる上司も仕事のできない上司も評価する視点を持つようになります。


上司は
仕事の評価判断は本人ですが判断基準は会社の指標を元に判断します。


頑張っても評価されないのは、

評価基準のズレたところか
見えないところで奮闘している

ているはずです。


一般的な評価の基準では、

お金という実績で評価されないのか
プロセス改善で評価されないのか
自分の姿を注目されたいのか

です。

しかし、個人よって頑張りの評価の基準は違います。


自分として、目標を持って仕事をしているのだから評価されたいですよね。


一兵卒としての動きで個人のパフォーマンスだけで評価がされないのであれば
パフォーマンスの凄さを認識・理解してもらう方向で戦う必要があるんです。

パフォーマンスが社会の評価の基準ではない


ただし会社というのは、例外はありますが個人で価値を生み出す集団ではありません。
集団で価値を生み出すものです。


一人でできることは限られるために、
レバレッジを効かせることが大事なんです。


自分の場合ですが、プロセス改善で評価されたいと思っていました。

こういう場合には全体の改善の度合いを周囲に示すことになりました。
プロセスの変更を数値化して伝える必要がありました。

自分の場合は結果論でした。

自分の職場では解決しない問題が長期化し全員のモチベーションに関わることが多くありました。

丁度問題の多い時期で各プロジェクトのトラブルを解決したり問題があった場合に協力する体制とすることで
プロセスが改善し周囲のメンバーが喜んでくれ上司の耳に届くことになり

今回の面談で上司からそういう話が来ました。

という例です。


これを読んでいるあなたは、想像以上に頑張っているかもしれません。

ただ、相手が理解できるところで頑張っていないと

自分は頑張っているんだけど、周囲からは評価はされません。


役割や立場によって頑張るべきポイントもありますし
周囲の理解の仕方で評価のされ方が違います。


もし、周囲に認められたいのなら

自分のやっていることを伝える!ことの大事さを

今回の話から実感してもらえると幸いです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 9cbd5428919c02dbb6d05b837c1bb8da_s
  2. freee151108088544_tp_v
  3. danketsu
  4. 05d0e8eeb533ea626bf686420bc3fd37_s
  5. hima
  6. 34ced23d9d616c8ebbc6a5dd306a4d72_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP