ゼミナール

思い込み激しい後輩の仕事ぶりを治す簡単なポイントとは?

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

kouhai

「彼、思い込みが激しくて仕事を理解してくれない
治す方法ってないなぁ」

と先輩のつぶやきを聞きました。


その解釈、私と違うと思いました。

確かに思い込みの激しい後輩なのですが、
十分その子が成長していると感じていたからです。

人の見方が違うと、
仕事ぶりを治す簡単なポイントに気づかないと気づかされましたので、
その経験を今回の記事にしてみたいと思います。


さてさて、思い込みが激しいと成長できない理由って何でしょうか?

思い込みが激しいと成長できない理由


思い込みが激しいと覚えて欲しい仕事を理解できなかったり
なぜか誤解をしている理由は、

本人に思考のフィルターがあるからです。


生まれてからそれまでいろいろ体験や
考えたりしてきた結果によって自分で考える基準ができます。

その考える基準が仕事を覚える基準にもなり
逆に仕事を覚えられない基準にもなるのです。
(よくある話ですよね。)


ですので、こちらが相手に
何度も仕事を教えても理解できないのは

思い込みというフィルターがブロックし理解できないか
理解していても実は誤解している

ことが影響しているということです。


ある後輩の話を、周囲の先輩の話を聞いてみると、

「何度教えても理解できない」

とつぶやいているのですが、

よくよく考えてみると

実は、個人個人にフィルターが有って
人によってはフィルターが偏っているために
現在の仕事の理解度が低い、

もしくは

理解度が低いために
こちらが伝えた仕事のやり方を誤解して伝わっているのです。


思い込みが激しいならこちらが理解度を確認する


その子と話していると感じるのですが

その子はプログラムが得意なので私は助かるタイプなのですが、

人生を通し思い込みが激しい と思っていたり
自分はできるタイプではない と悲しい人間像を植えつけられた

と感じます。

プログラムはできるけど、人との会話が苦手なタイプです。
(話すのが嫌いではなく、うまく成立させられないタイプです。)


今までその子の周囲にいた人が、その子に求めてきた人間像が

思い込みが激しく仕事ができなくてもよい人間像を作り出している

ようでした。


つまり、

自分自身の理解度について、はかるものさしを持っていないために
結果自分の可能性を諦めているように感じることがあったのです。


じゃあ、「ものさしの代役として僕が理解度を確認すればよい!」と判断しました。


例えば、

文書の書き方について、プログラムのようで他の人に理解できない文章を書いた時に、

私だったらこう書くという文章を付箋で加えその文章ファイルをその子に渡しました。

その文章の訂正する理由を問い本人が理解度を確認し

なぜ私がこういう文章を書いたのか?を確認していきました。

そうすると、こちらもその子理解度や誤解している部分もわかりますし、その部分について修正することができます。


そんな難しい問題ではなく、相手が何を考え理解をし、間違っているというポイントを自分のフィルターを通し修正すればよいだけです。


わかってしまうと、簡単なことですよね。
これをその他でこちらが感じる部分について、繰り返すだけなのですから。

もっとも思い込みを治すことより大事なこと


ただこれ他の人に言わせると、

難しい とか キツイ とかいう人が多かったです。


まあ、

相手の理解度を修正するという行為自体、『根気がいる』からです。


相手が積み上げてきたものが強い思い込みで作られたものだから
修正するのに『根気がいる』と感じ、

自分が持つエネルギー量と比較し、浪費と取られえてしまうからでしょう。


結局、人を育てるという行為は、
極端なことを言うと

その人の可能性を信じ、自分の分身を作るべく、自分の人生を投げ出す
行為だと私は思うのです。


そういう考え方だからか、
中途半端にその人の可能性に介入し、『浪費』と考えるなら、
そもそも相手を育てることすら、実は失礼なのでは?と私なりに考えてしまいます。


育たないとこちらが思い込み相手の成長をストップさせるのも
こちらの思い込みでもあると理解してはじめて

相手を育てることができる

と感じることが増えてきました。


こういう経験、ありませんか?


思い込みが激しいのは誰しもありますし強弱が違うというだけであり
相手が理解できないと決めつけると、

こちらが

相手が思い込みが激しいから理解できない

という思い込みが激しい状態に、こちら側がハマってしまいます。


いろんな人がいていろんな話を聞くと
こちらが誤解しこちらもズレた理解をすることも多いですよね。


大体今回の話もより一般的な考え方をこちらが持っているだけ。
相手ともお互い様だと思います。


仕事ができないということも
自分も経験してきた道だと思って

その子のものさしを作るよう、相手と同じだけ努力してみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、自分の人生の片腕になるかもしれません。
(なんて図々しいことを考えて見る笑)

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. freee151108088544_tp_v
  2. wakaranai
  3. %ef%bc%91
  4. 05d0e8eeb533ea626bf686420bc3fd37_s
  5. 66e14ba37550b0f55e8bc2625569ae24_s
  6. kidukare

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP