ゼミナール

妊娠8ヵ月、仕事が辛い?私と妻が行った対処法は?

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_s

妊娠中は仕事が辛いという意見がかなりあります。
女性の社会進出により、以前よりも働きやすくなったと言われますが、

それはあくまでも制度上のものであって、
そこで働く人たちがどのように理解しているのか、まだまだ改善の余地はありそうです。


実際、我が家においても妻が過酷な労働を強いられました。
本当に、今考えても有り得ない状態です。

でも、結果的には良い方向に向かうことができて、
妻は今も正社員としてイキイキと仕事をしています。

何をしたら、それが可能となるのでしょうか。
お伝えします。

スポンサードリンク


妻の妊娠中の過酷な労働環境


妻は大手総合電機メーカーに勤めています。
妊娠を上司に伝えて、これからは残業せずに帰る、
と僕は聞いていたものの、一向に早く帰ってくる様子はありませんでした。


それどころか、日を追うごとに遅くなっていき、
遂には、毎日の様に深夜2時に帰ってくる・・・。
妻はあと何日したら早くなるから、言いましたが、
そんな事を言っている場合ではありませんでした。


翌日、妻の上司の携帯に電話をしました。
その方もお子様がいらっしゃるので、
万が一を考えたら大変な事になる事を理解してくれたのでしょう。


僕の強い訴えに、若干戸惑いながらも、
理解してくださいました。

一人で我慢しない


今回は、妻の帰りが余りにも遅かったので、
僕も気付くことができて一気に解決に向かうことができました。


解決の糸口は、やはり他の人を頼る、だと思います。
仕事を抱えた身ですと責任感を感じますし、
ズルズルと体調不良を先延ばしにしがちです。


自分ではその危機的状況に気付かない事も多いですし、
その問題を打開するためには、かなりの労力が必要です。
だからこその、誰かに頼る、だと思います。


問題を先延ばしにして、問題が大きくなるほどに、
自分から大変な状況を伝えることが難しくなります。

従って普段から仕事以外でも些細な出来事などを
伝えられる関係性を築いて行くことが必要です。


上司、部下、同僚、旦那さん、
多くの人は、状況の変化に気付いています。
でも、アクションを起こしたら良いのか、
それともまだ様子見なのか迷っています。


きちんと伝えることが出来れば、協力してくれるので、
胸を借りてみることをオススメします。


僕自身、誰かの助けを借りるのは基本的に苦手です。
でも、相談しづらい、というのは自分の勝手な解釈ですし、
嫌われたくない、という自分都合のものでした。


これから生まれる赤ちゃんのため、
旦那さんのため、また、女性の社会進出、会社の為など、
自分以外の都合でアクションする理由を設けたら良いかも知れませんね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. kohai_seicho
  2. ビジネスで成功するために必要な目標設定は仕方を徹底解説

    2016/10/2417:50

    仕事、趣味等で目標設定することがあると思います。「この日までにこの仕事を終える」「3ヶ月後までにここまでの技術を習得したい」このように物事を習得する上で目標を設定して進めていくと思いますが、目標の立て方に失敗すると思...

  3. dokusho
  4. 整理整頓コツ_部屋2
  5. a1640_000052_m
  6. wakaranai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP