ゼミナール

イライラの原因がわからない、あなたの心と脳の使い方にありませんか?

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

aseranai

会社で何かあった、
悪いことが起こった、
彼氏にフラれた!

なんて、よく運が悪いなと思うことがあると思います。
その結果、どうしてもイライラすることってあると思います。

なぜ、ついイライラしてしまうのでしょうか?

イライラする人、イライラしない人。

あなたの周囲にイライラしない人っていませんか?
どうして、イライラしないのでしょう?

考えてみてください。


難しいかもしれません。
今あなたはイライラする人なのですから。

イライラする人にはありがちな特徴


では、イライラする人の特徴ってどんなものがあると思いますか?
(当てはまるかチェックしてみて下さい)


まずイライラする人の特徴。

・常に面白いものを求める
・相手が欲しいものを求める
・感情的になりやすい

このあたりです。


目の前にある新しいものを探して、得れない時は怒って。
感情の起伏が激しいのです。

欲しいものが多いのです。

イライラは脳のエネルギーを奪う原因


人は欲しいものが多いと、頭の中でいろんな部分のエネルギーを使います。
整理されている状態とは言えないですよね。


人間、自分ができることは限られています。
だから、人と協力していろんな事をやろうとするのです。

大きな事を1つはできるかもしれませんが、
小さなことをすごいたくさんの数することができません。

エネルギーを注ぐべき必要なものは限られるはずなのです。
なのに何でも欲しいと思ってしまう。

イライラの原因になってしまう心の使い方


なぜ、何でも欲しい、人が持っているものが欲しいと思うのでしょうか?
それは、「好きだと思うものがわかっていないから」です。


人が持っているものが欲しいと思うのは、人比べて持ってないから「不幸だ!」と思う、

子供の頃に友達が新しいおもちゃを買って喜んでる姿を見て、つい自分も欲しくなる現象に似ています。

子供と同じなのです。


子供の心を大人の心の中から無くすというのは必要ではありませんが、
自分の子供と大人のバランスをとる必要です。

子供と大人の心のバランスが取れてくると、
両者が相談して本当に必要なものを見つけることができます。


そうして欲しいものが見つかっていけば必要なものが減っていくのです。


減っていくと、あなたの頭の中の余計なゴミが少しずつ無くなっていって、
本当に必要なものに対して本当に必要なエネルギーを注ぐことができる。


元々エネルギーが分散しエネルギーが不足していたのでイライラが発生していました。

少しずつ減っていくことで本当に好きなものにエネルギー注ぐことができます。


エネルギーを注ぐことができれば、あなたは好きなものをずっと見つめることができて
エネルギーを十分に注ぐことができるのです。


イライラというのはいろんなことに悩ませている状態、
イライラしない人は、イライラとなるものを掃除して必要なものだけを残します。

残した結果、それは目の前に必要なものとして存在しています。

だとしたら、
イライラがなく、冷静で本当に幸せな時間が過ごせるのです。

本当に欲しいと思うものは何ですか?


新しいものを追うなと言っているのではありません。
「本当に欲しいものを追い求めろ!」と言っているのです。

そして、本当に欲しいものが見えていれば最高なことではないでしょうか?


これを俗に言う雨断捨離といいます。


目の前の不必要なものを整理して、必要なものを無くす。

簡単に言うとそういうことです。

これはものにも、心の状態にも、頭の整理にも使えます。


ここで考えてみてください。

あなたが心から必要としているものって何ですか?
あなたが生きているその人生の中で必要なものって何ですか?

大げさに考える必要はありません。

あなたはその答えを持っている。
その答えがあなたを導いてくれます。

少し考えてみてください。


あなたが素敵な人生を描けますよう。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. a0055_000828_m
  2. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
  3. 7950f04b0d98810bbf2d3c6fe3e56067_s
  4. a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s
  5. ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s
  6. 01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP