ゼミナール

辛いサザエさん症候群の対処法。自身が克服した体験談

  • 最終更新日:

この記事は4分で読めます

4dc85e8524e5fc3d72d98a51b9e01314_s

日曜の夕方くらいに月曜のことを想像し憂鬱日曜なることをサザエさん症候群と呼ばれてるようですね。この単語を知ったのでウキペディアで読んでみたら「あれ?これ経験したことある」と思いました。

言葉って人ごとだと目にも耳にも入りませんが、自分に当てはまると残酷に感じてしまうから不思議です。この苦しみは自分しかわかりません。

システムエンジニアという仕事柄、以前はサザエさん症候群に苦しめられました。ですが、自分なりの克服方法がわかってから気にならなくなりました。

あなたにも当てはまるかもしれないと思い体験談ベースで克服方法をお伝えします。

サザエさん症候群とは?


サザエさん症候群でウキペディアに書いてあることをそのまま表記しますと、
「主に社会人や学生など、月曜日から学校や勤務が始まる人に起こりうる症状とされる。ごく軽度のうつ病の一種とする説もある。」
ということでした。

英語でもブルーマンデー症候群と言われるようで日本独特のものでもありません。休日明けの物憂い月曜日と認識されているようです。

元気な人から言わせると気合いが足りないとか社会人の自覚が不足しているとか言われてしまいます。自分がハマるとそういうものでもありません。なぜかこの時間帯に湧いてきて苦しめてくるのです。

感情の波がサザエさん症候群を辛くする


仕事が辛すぎてストレスを土日で解消しきれない時だったり、月曜日から金曜日に楽しみを感じられなかったり土日だけを楽しいと思い込んでいる時に起こってる気がします。

そういう時は決まって、

ピークが土日でそれ以外の曜日が楽しめていない。

楽しみという感情が満たされず日曜が終わろうとしている。

そんな感じがしていました。

夕方になると、
「明日仕事かぁ」とため息をつき、日曜の残りの時間を楽しむ方が有意義だとわかっているけど明日仕事に行くことばかり考えてしまう。悪い方に悪い方に自分で自分を追い込んでしまっている自分がいた気がします。

その悪い方への気持ちの追い込みが月曜から仕事が始まることを不用意に辛くしていました。

(自分の心の中で話している言葉をセルフトークと言われています。セルフトークは自分がどんな人間かのイメージを作る役割があり、このように月曜日に会社に行きたくないと思うとますます行きたくなくなるのです。)

毎日が楽しい時や充実している時には関係ないようでですが、いろんな事がうまく行かず一人で落ち込んでいる時は向き合うものが仕事しかなくそれでサザエさん症候群に陥っていました。

楽しみを作るのが下手だったり楽しみを自分で見つけられませんでした。土日で楽しみを作れていたらまだマシだったのかもしれません。

仕事柄更に落ち込むこともよくありました。それは仕事が忙しすぎて軽い躁鬱の症状が出だした時です。

しかし面白いことに、何も上手く行かない時かなり落ちて鬱状態で気力も出ない時はそもそも何もする気が起きず、土日にピークが来ないためサザエさん症候群来ませんでした。(あくまで個人的な感想ですのであしからず。)

辛すぎると考える気力もないからです。

中途半端に元気で楽しみたいけど楽しめなかったり、趣味に楽しみを見出せなかったり、
周囲の人と遊ぶ機会が少なかったり、
やりたいことが見出せない時に、
サザエさん症候群が発生していたような気がします。

ここにサザエさん症候群の対処のポイントがありました。

サザエさん症候群対処のポイント


土日を楽しむピークに設定している
しかし楽しみが満たされない

これを私の体験に当てはめると

少ない時間で楽しもうとすると強い刺激的な楽しみを探しはまる。(以前はギャンブル依存症でした。)
→刺激が無くなるとつまらなさと寂しさが襲ってきました。

それもできない時、土日外出しよう何か見つけようと準備をするのですが、気力が出ず時間をyoutubeを寝ながら見ていたずらに時間を浪費してました。

このパターンにハマっていると楽しみも見出せず、当たり前のように日曜夕方にサザエさん症候群を迎えてました。

なので、

このパターンから抜け出して楽しみを作ることから始めてみました。

以下がやってみたことです。

運動を定期的にやる
本屋さんで変わったタイトルの本を読んでみる
気におけない友人と飲みに行く

やると決めてできなくても気にせず、出来たら出来たじゃん!と褒める。小さい喜びから繰り返していきました。

こういう楽しみを通していろんな自分なりの楽しみを見つけることができるようになり、土日にピークを持っていくのではなく普段の生活の中でも楽しみを作れるようになってきました。

そうやっていくと、楽しみが見えてくる。通勤時間にも仕事中にもそれ以外の時間帯でも楽しみが見えてくるのです

結果的に、極度に視野が狭くなり、何か楽しいことができずマンネリ化していたことが、私のサザエさん症候群だったのかなと思います。

できたら楽しみと目標を!


夢や希望を持って人を笑わせたり手助けして社会人に貢献できている人はサザエさん症候群にならないと思います。それはやるべき目標があり楽しんで取り組み、それが心から幸せだと感じているような気がするからです。

エネルギーに満ち溢れた、社長さんやアスリートを見ているとつくづくそう思いまず。

じゃあ目標見つけなきゃと始めても失敗します。
これも体験談ですが自分探しになってしまい案外自分自身を見出せずに泥沼にハマります。

その前にまず自分が出来ることを探してください。ポイントは、

心身ともに健康で自分の行動で周囲の人が喜んでくれること

です。

けど注意です
多少いい加減に考えて見てください。

これば私の考えですが、
日本人は真面目に仕事をすることが本分と勘違いしている気がします。

極端なことを言えば仕事は
真面目ではなく一生懸命仕事をすることが必要で、
何も机に長時間座って真面目に仕事することではありません。

仕事だったり勉強だったり長時間やってることを見せる

ことよりも

自分の中で高めのパフォーマンスが出せればいいだけの話。

その過程で
そこで人柄を磨くことが出来たらいいと思うんです。


私の場合システムエンジニアをしていて、始めの頃はある程度は出来るかなと思っていましたが、
自分よりも何倍もの量のプログラムをかける先輩もいましたし、
複数のプロジェクトを同時に進行して成功までこぎつける先輩もいました。

目指している先に立ちはだかる壁が出てきました。

目指してはみましたが、その天性と思わされる実力には到底かなわない。差を見せつけられました。
この時この土俵勝負する目標を見失ってしまいました。

へこみましたね笑。
こういう時に目標を無くしてしまうかもしれませんね。

へこむことはへこみますが、

時間はかかりましたが餅は餅屋だなと思いました。

その考えにより目標が変わり始めました。

そういう人と繋がって仕事が進められること
ができれば少なくとも会社に価値は提供できます。

自分の目標は
一人では出来ないことでした。

とこれは私の気づきですが
このようにやり方はいろいろ、目標も人それぞれ。
無いわけではなく、見失っているだけなのです。


仕事も人生の一部でしかない。

楽しんでやるためには自分は何をやるのか?

と考えましたし、

自分の特色で人にできることは何か?

と考えました。

そうすると自分のパフォーマンスを出せることが見つかり、楽しみから目標を見出せるようになってきたのです。


サザエさん症候群ってエネルギーが落ちて視野が狭くなるタイミングですすよね。視野が狭い時ほど自分が見えなくなります。目標なんて見えなくなります。

そんな時簡単で楽しめることをやったり、信頼できる友達か励ましやアドバイスをもらったりすることで自分を客観視振り返り新しい自分を見つける為のチャンスになります。

その時見つけたものが人生で不可欠な宝になることも。

ここまで自分の体験談を書いて見ました。

サザエさん症候群にはまるとキツイことを言いますが人生の浪費につながります。しかし、そこでもがくと掴めるものもあります。

ちょっと自分でもがいてみる、だめなら頼る!それくらいのつもりで少し行動し自分なりの楽しみ方を探して見てください。
何か見えてくるものがあると思いますよ。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. %e4%b8%8a%e5%8f%b8%e3%81%a8%e9%83%a8%e4%b8%8b
  2. cb1fac909a2449dc7472146ce1657ff1_s
  3. %ef%bc%81
  4. 7e01584d237a10c843022f0f8579d157_s
  5. 82b08e577a3dd7bbbd9b0ab2a619f62a_s
  6. 0195a6a265a088289ba2231e0b4c1081_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP