ゼミナール

飲食店集客アイディア10個、優良顧客の集め方

  • 最終更新日:

この記事は3分で読めます

cf45140f39e9b171575ebb91b33b3964_s

集客に困っている店舗は多いです。
実際に何店舗も経営にコンサルを行ってきて、
本当にその様に感じます。


集客というとホットペッパーなどを思い浮かべますが、
ネット、リアルを問わずたくさんありますよね。

いくつご存知でしょうか。
今回は即効性のある、10個のアイディアをお伝えします。

スポンサードリンク


リピーター対策

多くの集客系サイトでは、リピート率が低いから、
リピートに力を手を入れない方が良いと言われていますが、


リピーターが増えるほどに、ターゲットにしたい客層がわかりますし、
お客様が何を求めているのか、情報を得やすくなります。
また、口コミが広がれば、優良顧客が増えることになります。

新規顧客開拓と共にリピーター対策はしておきたいところです。

1.ポイントカード

ポイントカードは、使いどころが明確になっていない店舗が多いです。

一度来てくれた人がもう一度来る仕組みにします。
2回目に来たら、メインに合うサイドメニュープレゼントなど。
メニューは原価の低いものにして、あくまで広告費と考えます。

2.雨の日割引

日本は年間の3分の1が雨です。雨の時に思い出して貰う事を考えます。

割引も良いですし、傘の貸しだしも良いでしょう。

3.お土産

店舗に来て楽しんでもらって、また来てもらうためには、
家に帰った時に思い出してもらう必要があります。
そのための、ポイントカードだったり、雨の日割引だったりします。

他のお土産アイディアは、
自家製調味料や、お手紙でも良いでしょう。

4.口コミ

SNSがこれだけ流行っている中、使わない手はありません。

いいね、をくれたら割引とか、
先ほどの調味料をお友達に渡したら、割引とか。

店舗に連れて来てもらっても良いでしょう。


5.お客様と直接のやり取りの場を作る

アンケートも良いですが、
書くのが面倒なので、食後のデザートなどをプレゼントして、
そこで反応の良さそうな人に、

色々と聞いてみる。
・良かった事、悪かった事
・どこでお店を知ったのか?
・連れて来たい友人はいるか?

など。
特に連れて友人を思い浮かべてもらう事で、
次に来る理由ができます。


6.紹介しやすいキャッチコピー

誰かに紹介するときに、
「ここはこんな店で、これがうまい!」
とか、分かりやすく説明できる目玉商品、
キャッチコピーを作ります。

言語化された瞬間に爆発的に広まるのは、
良く見られる事例です。


新規顧客対策

新規顧客対策もいくつか。


7.看板を見直す


看板があっても、何処が入り口なのか書いていない場合が多いです。

それだけで見込み客が逃げてしまうので、
矢印と説明を加えてみます。


通った人が店には入らなくても、
季節や、天気のネタ、気遣いの言葉などを加えると、印象が良いです。

もちろん、目玉商品も書きます。

8.facebook


やはり、SNSは集客に強いです。
これまでは大手しか広告は打てませんでしたが、
個人規模で、少額で出来るのはものすごいメリットです。

facebookなら、年齢、性別、住所、趣味、趣向別に広告を打てます。

9.臨場感を与える


・秋口の寒くなってきた時に薦めたい料理
・お盆で里帰りした人に向けて

などの、季節性のイベントはもちろん、
雨の日、晴れの日、曇りの日、その日の天気に合わせたもの、など、

そのシーンに臨場感を感じて、
私の事だ!と思う事が出来れば、お客様は足を運んでくれます。


単なる料理に、情報を付与して価値を高めます。

10.情報発信で信頼感を高める


ブログ、メルマガなどで情報発信をします。

・料理の作り方のヒント
・料理を通した健康の事
・飲みニケーション術
・お店のコンセプト、理念

内容は、来店すれば得という以前に、
読むだけで面白く、役に立つ必要があります。

お店のコンセプトにマッチした内容を発信します。
お客様とのやり取りを踏まえた、役立つ知識提供も良いと思います。


11.世界観の創造


10個と言いながら、11個目に突入しまでしまいました。

・お客様にしたいのは誰?どんな人?
・その人は何に困っている?
・その人に何をしてあげられる?
・その人の反応はどうか?
・最初に戻る

これを繰り返して、コンセプト(世界観)を再度作り直します。

お客様と一緒に世界観を作っていきます。


難しい飲食系は情報で価値を高める


飲食店の経営は難しいです。
でも、直接にお客様とやり取りができて、
直ぐに反応が見られるのが、醍醐味と言えると思います。

価格競争、効率化、今後ますます厳しくなるのは間違いありません。

そんな状態で私たちが生き残る術は、
情報で価値を高める事です。

私たちに出来るのは、
お腹を満たす事だけではなく、心を満たす事もできますよね。
良い場を提供し、商談の成立や、プロポーズ、
コミュニティの一体感を増すなど、

物理的な物事以外の情報世界での価値提供も可能です。
こうした情報の付加価値を高める事が、
これからの時代、必要な事ではないでしょうか。

当サイトでは、
ビジネスのノウハウだけではなく、
人生そのものを良くするヒントをお伝えしています。
他にも記事がありますので、ぜひ、読んでみてください。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. bc3abd8e9be0d7abf3f45b2b27b99e9c_s
  2. dfa4a49029ded44dffa784b990814d1a_s
  3. 7f74bfe69db15c401fb9120e21a6015b_s
  4. lgp01a201312111200
  5. c5980222c4ba0ef630e31fc26c3629a4_s
  6. 358df645614f91c7c55dcea7138f660c_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP