ゼミナール

整理整頓のコツ!仕事でも役立つ捨てる方法と置くテクニックとは?

  • 最終更新日:

この記事は7分で読めます

整理整頓コツ_部屋2
天気予報では、各地に雪だるまのマークが。冬真っ只中ですね。暦の上では大寒(1年の中で一番寒い日)を過ぎました。寒い日はもう少しあるかもしれませんが、徐々に寒さは和らいでいくことでしょう。

こんにちは、イノです。
今回は整理整頓について。

整理整頓できてますか?と聞かれて「Yes」と答えられる人はどれだけいるんでしょう?昔、ぼくは整理整頓が苦手でした。でも、最近だいぶマシになり、友達からは「部屋きれいじゃん!」と言われるまでに。

スポンサードリンク

そこで、今回は、ぼくが実践してきた整理整頓のコツついてお話したいと思います。整理整頓ができなかった頃、どんな感じだったか。そして、どうやって整理整頓ができるようになったのか、何を考えればいいのか。また、それを仕事でどのように活用しているのか

整理整頓のコツを身につけて、今までと違った人生を送ってみましょう。


整理整頓できない?散らかる原因を知ればすごい納得!


整理整頓コツ_散らかった部屋1

ぼくが整理整頓できなかった頃、自分の持ち物や人からもらう物について、こんな事を思っていました。


  • いつか使えるからとりあえず置いておこう
  • 物が多い事はいろいろやってる証拠だから仕方無い
  • もらえるものはもらっておこう
  • 古くてもまだまだ使える
  • もったいない、もったいない


こうやって、家の中には、物がどんどん増えていくことに。そして、どんどん片付けるのが面倒くさくなっていきました。結果、物がその辺に散乱する、散らかるという始末。今思うと、あれだけ物が多いなら散らかるのも無理ないな、という感じです。物が多ければ多いほど、散らかる確立が高まりますよね。

では、物が多いとどうして散らかってしまうのでしょう?


物はなぜ散らかってしまうのか?


整理整頓のコツ_悩み1
なぜ散らかってしまうのか?それは、いらない物が多いからです。いらない物が多いから散らかってしまうのです。

例えば、洋服が、3着あるのと、30着あるのでは、どちらが散らかりやすいでしょうか?当然ですが、30着あるほうが、数が多いので散らかってしまう確立が高くなります。で、30着は本当に必要な洋服なのでしょうか?おそらく、よく着ている服は、3、4着で、他はほとんど着てないってことがよくあると思います。もちろん、洋服が好きで沢山持っている人や、仕事である程度の洋服が必要な人もいるかもしれません。ただ、そんな人でさえ、自分では持ってることすら覚えてないような洋服を持ってたりするものです。

ちなみに、女優の北川景子さん。プライベートの洋服は、10着をローテーションさせているというのは有名な話。女優さんにしては、意外に少ないなあと驚きました。北川景子さんの場合、新しい洋服を買う時は、手持ちの10着の中で処分できる洋服があるなら買う。処分できる洋服がないなら買わない。というのを徹底しているようです。自分の中でルール(上限)を決めて洋服を管理しているので、それ以上洋服が増えることはありません。参考になる洋服(物)の管理方法ですね。

洋服で例えましたが、これは全ての物に当てはまります。家の中の全ての物、仕事の資料など、持ってるけど使ってない物、たくさんありませんか?


散らかってると損をする?


整理整頓のコツ_損1

「散らかってても、気にならなければいいじゃないか?」。そう思う人もいるかもしれません。

残念ながら、そういうわけにはいかないのです。実は、散らかっていると(整理整頓できてない状態だと)、自分の体のエネルギーを知らず知らずのうちに消費してしまうんです。つまり、損をしていることになります。長い目で見ると、お金を消費している、健康を害しているのと同じことになります。どいうことでしょうか?


無意識にエネルギーが消費されている

例えば、A君の部屋の中がものすごく散らかっているとします。物があちらこちらに無造作に置かれた状態。A君は、散らかってるのが気になりません。

A君は、「散らかってても大丈夫。散らかってるほうが落ち着くんだよね」と言っています。本当に落ち着いてるんでしょうか?実際は、そういうわけにはいきません。表面的には落ち着いた感じがしているのかもしれませんが、無意識の中で、散らかっている物に意識がいっているのです。意識していないけど、散らかっているものを意識している状態。つまり、体からエネルギーが少しずつ奪われている状態なのです。

厄介なのが、エネルギーを消費していることは、体感的には感じないところです。無意識の中で、散らかっている物に意識が行っているので、知らず知らずのうちに、体のエネルギーを消費してしまいます。

燃費の悪いガソリン車、何年も使った携帯電話のバッテリーのように、自分が使えるエネルギーを無駄に消費しているのです。もったいない。

エネルギーを無駄に消費しているので、補充する量も大きくなります。つまり、無駄に食費がかかったり、無駄に疲れを取る時間が必要になったりします。結局、本来やるべきことができなかったり、必要な時に力を発揮できなかったりします。また、生活リズムが崩れやすくなるので、体調にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

あと、こういう経験はありません?


>置き場所がわからない=探す=時間の無駄

物が散らかっていると、いざ使おうとした時に、

「あれ?アレどこだっけ?」

といった状態に必ずなります。この時、必要な物を探すわけですが、これって、無駄な時間ですよね?整理整頓できていれば、3秒で見つかるものが、1分、5分、10分。最悪の場合、置き場所がわからず、見つからない始末。

1回だけならまだしも、必ず繰り返されます、物が散らかってると。time is monyとはよく言いますが、時間はお金と同じです。お金、お金言うつもりは無いのですが、物を探すために時間を使うぐらいなら、もっと違うことに時間を使いたいと思いませんか?仕事、睡眠、遊びなどなど。時間は有限です。そのためにも、物を探すという、無駄な時間を無くしたいものです。

では、どうしたら整理整頓できるようになるのでしょうか?


整理整頓は私生活でも仕事でも同じ!捨てる、置く、のたった2つ


整理整頓コツ_タンス1
散らかる原因がわかれば、どうすれば整理整頓できるかが、わかってくると思います。

整理整頓の基本はたった二つ。

  • 捨てる
  • 置く


いらないものを捨てて、必要なものを置き場所を決めて置く。たった二つ。超簡単じゃないですか。

こんまり(近藤麻理恵)さんから学ぶ整理整頓術


実はこれ、こんまり(近藤麻理恵さん)さんの本で最初に学びました。「人生がときめく片付けの魔法2」著:近藤麻理恵。ざっくり言うと、ときめく物(お気に入りな物)だけ残して、あとは捨てる。そして、置き場所を決めて置く。

本を読んで、「なるほど」と思い、早速実践してみたんですが、困ったことが出てきました。

こんまりさんの整理整頓術で困ったこと


ときめく物だけを残して、置き場所を決めて置きましょう、ということだったんですけど、困ったことになりました。

  • ときめく感覚がいまいちわからない
  • お気に入りではないけど、気に入らない物でもない
  • 捨てるとちょっともったいない気がする
  • 今は使わないけど、おそらく後で使うはず



と、いった感じ。確か、こんまりさんの本だとこれらは全て”捨てる物”の分類に入っていたと思います。でも、ぼくの場合、この分類の物がなかなか捨てられなかった。そこで、独自に新たなルールを作りました。

ぼくが作った新たなルール


困ったぼくは、新たなルールを作りました。

迷ったら、仮置き場に置く

仮置き場=一時的に置いておく場所

クローゼットや物置の中に、“捨てるにはちょと迷ってしまう物”専用の置き場所(仮置き場)を新設。そこに、整理して、まとめて置くことにしたんです。で、ある一定の期間が過ぎたら、捨てるか、捨てないか判断する。ひとまず仮置き場に置いたけど、必要になった物は必要な時に取り出して、新たに置き場所を決めてやればいいし、仮置き場に置いて以降も使わなかった物は、「あ、やっぱこいつら使わないんだ」ということがわかったりします。つまり、迷い無く捨てる判断ができるようになります

<仮置き場のポイント>

  • 透明な袋に入れる整理して置いておく
  • 外から何が入ってるか見える状態で置く
  • すぐ取り出せるように置く
  • 取り出して使ったら新しい置き場所に置く
  • 仮置き場は数ヶ月に一回チラ見する(チラッと見る)
  • チラ見したら前回いつ使ったか思い出してみる
  • 自分の中で捨てる基準を作っておく(1年使わなかった物は捨てる、など)
  • 使ってない物で買って手に入る物(高価じゃない物)はとりあえず捨てる
  • 人にあげることを考えてみる(友達、家族が使うならうれしいはず)


こうすることで、必要になったらすぐ取り出せるし、使わない物は仮置き場の中。仮置き場の中に置いてる物は、数ヶ月か1年に1度チェックして、捨てるか残すか判断する。1年とか使わなかった物って、だいたいその後も使わないし、いらない物確定です。そうやっているうちに、自分がどういうものを必要として、どういうものを必要としないのか傾向が見えてきます。そうすれば徐々に、捨てる・捨てない、いる・いらないの判断が早くなります。なかなか物を捨てられない人にとってはお勧めな方法ですよ。

スポンサードリンク


仕事で使える整理整頓術!捨てる、置く、仮置き場


整理整頓のコツ_デスクトップ1

ぼくが日常生活で心がけてるのは、

  • いらないものは捨てる
  • 置き場所をきめる
  • お気に入りのものだけ残す
  • 必要なものだけ残す
  • 迷ったら仮置き場に置く
  • ラベルを貼る(外から見てわかるようにする)



これは、部屋の中だけではなく、仕事でも使えます。例えば、パソコンの中。整理整頓できてますか?たまに見かけるのが、デスクトップ一面にファイルを置いている人。家に例えると、床に物を置いているようなものです。パソコンの中も同じで、

  • いらないファイルは捨てる
  • 必要なファイルのみ置く
  • フォルダを分けて整理する
  • 迷ったらtmpフォルダ(仮置き場)に置く


tmpフォルダは、一時的にファイルを置いておく仮置き場です。tmpフォルダの中は、いつ使った資料(ファイル、データ)かわかるように、日付+フォルダ名にしておくと、後から捨てる判断がしやすくなります。

20170120_作業フォルダ

こうしておけば、一目でいつの仕事で使った資料かわかりやすくなります。tmpフォルダの中身も、数ヶ月か1年に一回ぐらい見て、いる・いらないの判断がつくものは捨てるようにしましょう。

資料を作るときも同じです。

  • いらない情報は捨てる(記載しない)
  • 必要な情報だけ載せる
  • 置き場所(構成や項番)を決める
  • いる・いらないが判断つかない情報は、別紙としてまとめておく


全て同じですね。捨てる、置く、仮置き場。


整理整頓のコツはコンビニと太った人で理解する!?


整理整頓コツ_部屋3

整理整頓について見てきました。整理整頓のコツは、たった二つ。

  • 捨てる
  • 置く(決った場所に置く)


です。そして、捨てるのに迷った時は、仮置き場を使いましょう。

整理整頓の大切さを理解するためには、コンビニもしくは、太った人でイメージすると理解しやすいかもしれません。

コンビニから学ぶ整理整頓の大切さ


整理整頓のコツ_コンビニ1
コンビには、今すぐ食べたい、今すぐ使いたい、といった物が厳選されて置かれています。そこで、例えば、ジュースが1万種類置いてあったらどうでしょう?ジュースを買いに行って、1万種類の商品がバーンッと陳列された状態。お客さんとしては選び難いし、おそらく、売れるのは人気商品の数種類になってくると思います。

極端な例で話してますが、コンビニに1万種類のジュースが置いてあるのと、10種類の選りすぐりのジュースが置いてあるのでは、どちらがお客さんが買いやすいですか?ということなんです。その目線で見た時に、10種類だけど選りすぐりのジュースが置かれてるほうが、お客としては選びやすいし、買いやすいじゃないですか。一万種類のジュースがバーッと置かれてるよりは。

もし、1万種類のジュースを販売したいなら、倉庫に置いといて、パンフレットから選んでもらう、もしくは、インターネット経由で買ってもらいましょう、っていう話です。コンビニには選りすぐりの商品を置くほうが良くて、いきなりお客さんの見えるところに1万種類バーンッて出すな、ということです。イメージ悪くなりますよね。

普段生活する上で、必要な物だけ、選りすぐりの物だけ、気に入ったものだけ置いておくほうが、無駄なエネルギー、無駄な時間を使わなくてすみます。つまり、整理整頓が必要、ということなんです。

太った人から学ぶ整理整頓の大切さ


整理整頓の大切さは、太った人でも例えることができます。余分なものがあるというのは、太ってしまっている人、ぶよぶよな人と同じなんです。いらない脂肪が付いた状態。だから、しゅっとした人、贅肉が無い人の体のほうが、健康的だし、人間的。見た目も格好いいですしね。

日常生活、仕事、全てに言えることですけど、いらない物(質が低い物、気に入ってない物)は、なるべく減らしたほうがいいです。仕事などで、数打ちゃ当たる、と言っていっぱい物を作ったり、販売したりするのも、結局は、浅く広くで力が分散されている状態になります。つまり、どれも薄っぺらで軽いイメージ。有っても、無くても同じ状態。であれば、無いほうが、無駄に考えなくていいし、無駄にエネルギーを消費することもありません。

さて、あなたはどうしますか?

おわりに


整理整頓コツ_本1

部屋を整理整頓した後の、「スカッ」とした気持ちいい感覚。誰もが感じたことがあると思います。この感覚をいつも保っていれば、気持ち良く生活できるし、新しいアイデアが生まれたり、運気が上がったりします。間違いなく、人生がより良い方向に進んで行くのは言うまでもありません。

是非、整理整頓をして、人生がより良い方向に進んで行くようにしていきましょう。

それでは、今回もありがとうございました。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 1169b08a56858bc6d975f0adf7829841_s

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP