ゼミナール

ぼーっとした性格を変えて、少しレベルアップした生活を送る方法

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

nemutai

この間、このブログを一緒に書いている仲間との集まりに参加しました。

その時にぼーっとした性格のT.Sakaiさんはこういうことをやったほうがいいと言われました。

昔からぼーっとしがちな妄想しがちな私はそれがいいと思っていたのであまり気にしていなかったのですが
言われて初めて気づいたことがあります。


図星でしたのでやってみようと思いました。

なぜぼーっとした性格が良くないのでしょうか?

もしこういう傾向がある人はいませんか?

ぼーっとしている人は時間を浪費していると感じている?


つい、

ぼーとしたい
寝たい
ゆっくりしたい

自分の中でどこかそう思うことがあります。

そう思う時はぼーっとしているタイミングです。


それはいいとか悪いとかではありませんが、

ついそういう習慣がある時は物事を丁寧に組み立てる時は組み立てるのですが、
ぼーっとしている時間が長いために時間の浪費をしがちということです。


まあ1日の中で時間の組み立てができていて過ごせているならいいのですが
そこに対してそうだな、納得し無駄だな、ついそういう時間を過ごしているな、残念だなと感じてしまっていたのです。

そう僕の場合、少し残念なところがあるなだと感じていたのです


そこで私は質問しました。

無意識でいることは悪いことかと。

ぼーっとしている人が無意識に流されないために必要なこと


自分自身時間の浪費を考えている時点で悪いことですよね笑。


その答えが、そういう時間を過ごさないためにどうしたらいいかでした。


そこで言われたのが意識的に過ごすこと。

時間を浪費しがちな人は、目標を設定し早めにクリアをして時間を作るというふうにしていくということです。

後で後悔するのではなく、先に1つずつ達成していく。

そういうことで

浪費ではなく休憩時間に変えることもできますし、1つずつ達成しているという実感も出てくるからです。


そうしていくと残念ではなく人生自体に価値を感じれると実感しました。

あなたはどういう人生にしたいですか?


人生に価値を感じることが出来れば、
今まで失った時間も意味あるものになりますし自分という時間が形成できるということです。


やっぱりここで思うのは、

自分がどういう人間でありたいか?

です。


心の中にこういう人間になりたいというものってありますか?


そういうものがあって初めて、1つ1つを丁寧にやることができると思います。


意識的に丁寧に過ごしている時間は自分の意識状態が強い状態。

無意識でいるときはぼーとしている性格が発動している状態。


実はぼーっとしている状態というのは

ぼーとしている間に自分以外の情報がどんどんぶつけられていて
自分という人間を見失っている状態かもしれません。

ついテレビを見たり漫画を見たり何も考えずにその場にいつくす。

果たしてそれは自分なのでしょうか?

それが自分という人もいればそうじゃない人もいるでしょう。


少しでも自分の時間の使い方に残念さを覚える人は
目の前の事を丁寧に1つずつ、意識を持ってやってみてください。


やってみることで部屋も片付きますし、自分の心のも整理できます。


一種の断捨離と言えますよね。

やり始めたばかりでこれから発見がでてくると期待しています。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. 06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
  2. d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s
  3. 0195a6a265a088289ba2231e0b4c1081_s
  4. yume
  5. 5b294c1474a69326a40a023d1b8a30f3_s
  6. senzai

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP