ゼミナール

toeicリスニング勉強方法。他には無い2つの画期的なトレーニング法!

  • 最終更新日:

この記事は2分で読めます

toeiclistening

今回TOEICを受けるにあたりリスニング力を強化したいと思いました。


ネイティブの英語を聞いていて思うことは

速くて聞き取れない

ということ

聞いてるうちに頭の中で訳がまとまらずに不安になり
英会話が聞き取れない状態になってしまっていました。


この不安を払拭し
今回TOEICのリスニングに対抗する為に、
2つの秘策を思いつきました。

誰にでも簡単に使える手法です。

スマホでTOEICリスニングを強化する勉強法


1つは「英会話の音声を速聴で聞く」ことです。

TOEICのテキストはすでにお持ちかと思いますが、
付属のCDについているTOEICのテキスト英会話の音声を
スマホに入れてアプリで倍速で聞きます。


通常の音声でも速いのに聞こえないじゃないか?

そう思うかもしれませんが大丈夫です。
逆の発想です。


高速道路を運転した後に
いつもの道路を運転するとゆっくり見えること
体験したことありませんか?

その効果を応用するのです。


速い音声を聞いた後に
通常の速度の音声を聞くことを繰り返します。

耳を澄まして聞いていくと
繰り返すことで聞こえなかった音声が
少し聞こえるように聞こえるようになってきます。


聞こえないというイメージに打ち勝ち

リスニングが聞き取れる安心感を持てるようになってきます。

リスニングができるようになると
英文と読む時と同じように文法や語彙力を鍛える学習に集中できるので
TOEICもリスニングで困るステージを超えて上の点数を狙えるようになってくるはず。


TOEICリスニングに有効とされるシャドーイングを簡単にできる勉強法


シャドーイングとは聞いた英会話を直後に話すトレーニング法です。

今回試しにhuluを使うようにしてみました。


人間は音声を聞くだけだとなかなか話すところまで英会話ができるようになりません。

声に出して話すことでより頭に定着し話すことができるようになります。


最近便利なものでレンタルショップ
インターネット動画で動画が視聴できます。

トレーニングとしては、
動画に字幕を出して繰り返し繰り返しシャドーイングを繰り返します。
頭に声に英会話の染み込ませます。

慣れたら字幕もはずしてシャドーイングをしましょう。


話せるということはリスニングできるし理解できるということ、

TOEICの点数アップにかなり有効な方法です。

この勉強法は英語以外にも使える


ここで気づいた
この方法は英語以外にも適用できます。

中国語、フランス語、いろんな

1つの言語をマスターすれば別の言語にも適用していけるでしょう。
となっていくといいですよね。


もしあなたもTOEICのリスニングに不安があるなら
今回のリスニングトレーニング法を利用してみてください。

次回のTOEICに対抗できるよう時間を作ってやりこんでみようと思います。

一緒に頑張りましょう!

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  1. %e6%89%93%e3%81%a1%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e4%b8%ad
  2. eikaiwa
  3. 92fb1aa9ac6a380fc88a98747c89c5d9_s
  4. 新年の挨拶でスピーチをまかされても眠たい話をせずにすむには?

    2017/01/2011:22

    任されたけれど、何を話せばいいのか?なんて新年の挨拶のスピーチってそれほど困るものでしょうか?おそらくあなたは上手くこなしたいと心の中で考えているのかもしれません。人間いい事を言おうとすると、自分...

  5. speech
  6. tlakpower

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP